「みけ×デザ」(未経験デザイナープロジェクト)

未経験Webデザイナー応援支援サイト

webデザイナーに最低限必要とされるスキルと知識

web制作の現場ではデザイナーやディレクター、コーダーにプログラマーやマーケッターなど様々な方がプロジェクトチームを組みサイト制作を行う会社は多いと思いますが、会社の規模や体制により一人で複数の仕事を兼務する場合も珍しくありません。
ここではweb制作を行っていく上で、最低限必要とされるwebデザイナーのスキルと知識についてまとめてみました。

web制作を行う上で最低限必要とされるスキルと知識

実際に未経験からwebデザイナーとして働いて必要と感じたもの、未経験者を採用して感じたものをリストアップしてみました。

webやデザインが大好き!

とにかくwebやデザインが好き。まずはこれに尽きます!
理由としてはweb制作業界の流れは早く、デザインのトレンドや新しい技術など日々進化している業界です。流行りを毎回取り入れる必要はありませんがwebデザイナーとして常に走り続け、新しいデザイン・技術に触れるたびに自身も進化していく気持ちが1番大事だと思っています。
とにかくアンテナが高く張り、web業界に興味を持つことですね。

→情報収集のすゝめ(執筆中…)

バナークリエイティブ

未経験や経験が浅い場合はバナーから作ることが多いです。
グラフィックスキルも重要ですが、情報を整理して分かりやすく伝えることが大事です。

「近接」「整列」「対比」「反復」の4つの基本原則

デザインを行う上で欠かせない基本原則。
読んでみると無意識にできてる部分もあれば知らない部分もあるかもしれません。まずは基礎をしっかり学ぶという意味で理解する必要があります。

→デザインの基本原則「近接」「整列」「対比」「反復」(執筆中…)

画像加工のスキル

人物や商品をフォトショップで切り抜く事も多く、より自然にキレイに切り抜くスキルは必要です。他にも明るさ調整や不要なものを除去したり、部分的に補正することもあります。

→画像の切り抜きや加工を簡単に早く行う方法(執筆中…)

デザインとコーディング グラフィックなどを作成するデザインスキル デザインををWebぺージへ変換するHTMLコーディング作業 配色・フォント・レイアウトについて知っておく バナーデザイン・サイトデザイン